ここを押すと血行がよくなる!ツボ特集

私たちの体には、血行を促進させる、さまざまなツボが存在します。
自分自身で手軽にできる、押すと気持ちいいツボを紹介していきます。

ツボ

第1回 血海

【取穴部位】
大腿前内側にあり、膝蓋骨内上角の上2寸にとる。
足ひざの内側にお皿のやや上、皿から指3本分くらい上にあり、足を伸ばしたときにできるくぼみの上端にある。押すと痛みを感じる。
血海
【刺激方法】
3-5秒間押す、2-3秒間離すを繰り返し行う。
補法:ゆっくり押す、ゆっくり離す。
瀉法:ゆっくり押す、素速く離す。 あるいは+吸玉療法
血海
【効能】
生血運血・補血養肝(補法)、活血化瘀(瀉法)
血海穴は血の働きが悪くなったときに使用すると高い効果が認められる。補血のみならず、瘀血の人などにも効く。
一般的に月経不順、月経痛、閉経、崩漏、股関節痛、皮膚湿疹、全身の掻痒感、湿瘡、掻痒、皮膚の炎症、心身症、更年期障害に使われる。

第2回 三陰交

前回の血海に引続き、補血活血によく用いる重要な経穴「三陰交」を紹介します。

【帰経】
足の太陰脾経上にある経穴
【特徴】
名前通り、三つの陰脈(足の太陰脾経、足の少陰腎経、足の厥陰肝経が交流しているところ。一押しで三つの経脈に影響を及ぼす。
【取穴部位】
足の内踝(内果)の直上三寸(同身寸、自分の手で測れる※図参照)いわゆる内側のくるぶしの最も高いところから指幅四本上でスネの横にあり、骨と筋肉の境目にある。
三陰交
【刺激方法】
マッサージ、鍼(一般的に妊婦は控える)、お灸。
マッサージの力は控えめにゆっくり押す。呼吸もゆっくりおこなう。
お灸は弱い刺激から中刺激でおこない、強い刺激は控えます。
【効能】
・補血活血(血液の生成を元気にする、血液の流れを調節する)
・肝脾腎関連機能の調節
(1)健康維持・増進に非常に重要なツボ。気血の流れをよくする、副交感神経を優位にする、疲れた身体を癒す、体力を増進する。
(2)女性の諸症状、婦人科全般によく用いる。妊婦に鍼をおこなうことは控える。生理トラブル、不妊症、冷え性(お灸)、めまい、更年期障害など様々な症状に用いる名ツボである。
(3)運動器に関連するトラブル、脳卒中などの後遺症(半身不随など)、四肢麻痺疼痛、足膝腰の冷えなどに。
(4)胃腸のトラブル関連に。足三里などとよく配合する。
(5)虚弱体質・年配者によく用いる。

第3回 太衝穴

【帰経】
足の厥陰肝経に所属し、「原穴」と呼ばれている重要な経穴である。
【特徴】
名前の「太」は重要で太く豊かな意味を示す、「衝」は通行の大きな路、要衝・(気血の)流れの大切な処を意味し、肝経の気血がこの経穴までめぐると、気血が多くあることが有名な為、名づけられた。別名「大衝」。
【取穴部位】
足背にあり、第1・第2中足骨の近位端の間に取穴する。
具体的な取り方:第1・第2の趾の間から、足背に登って、第1・第2(中足)骨の間に沿って、上に向けて指を滑らせて、指が骨と当たり止まる処の陥凹部。
第1背側中足動脈が近く通っている。
太衝穴
太衝
【刺激方法】
マッサージ、鍼、お灸。
☆マッサージのコツは太衝穴に押してから、少々指に力を入れながら更に上に滑り、内果(内くるぶし)を一周回り、下腿と大腿の内側に沿って登って行く。途中下腿では「三陰交」穴に揉んで、大腿では「血海」穴に揉む。
☆鍼法:一般直刺10~20㎜。中医学では「寒があれば則補法、熱があれば則瀉法」。
鍼の補法と瀉法の取り扱いは専門家に任せたほうがいい。
【効能】
他の経穴配合で疏肝理気、袪風燥湿、滋陰補血、活血化瘀などの効能を果たす。
(1)頭痛(特に血管痙攣性頭痛)、高血圧の症状を緩和する。脳血管疾患のツボとして常用されている。
(2)めまい(耳の疾患由来するものと肝陽上亢型)の発作を抑える、肝臓機能の保健穴として用いる。
諸々な疼痛に効く。膝痛、脇腹痛、咽喉痛、腰背痛(特にぎっくり腰)など
(4)目のトラブルに用いる。目が赤/腫痛、ドライアイ、視力低下、緑内障など。
(5)不眠、精神疲労などに用いる。
(6)生理不順、生理痛、更年期障害症候群、性能力の改善などに用いる。
(7)手足の振戦、顔面筋肉痙攣/麻痺、半身不随、足の無力、癲癇、小児ひきつけなどに用いる。
(8)尿漏れ、尿出にくい、感染症など泌尿系のトラブルに用いる。